コロナ禍の今、ネット広告がママたちのストレスを増やす結果に。広告でストレスを感じるママたちは97.1%。広告の種類によるストレス度合いなど、その詳細をベビカムが調査。

【ニュースリリース】

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:安西正育)は、インターネットの広告が、ママたちにどのような影響を与えているのかを調査したところ、ほとんどのママがストレスを感じているという実態が見えてきました。この結果を広く業界に共有し、ママたちにとって、よりストレスにならず、好ましい広告やコミュニケーションの実現に向けて推進します。


詳細はこちらのページから